>  > 遊技場と蝶々の刺青の女の子

遊技場と蝶々の刺青の女の子

以前に遊戯店で働いていた時に毎日のように来店していた女の子がいました。 買っても負けても朝から18:00〜20:00位には帰っていくのですが、勝率的にはあまり褒められる様なものではなく、月で見ると大体5〜100万円は使っていたのではないでしょうか。 どちらかと言うと美人な女の子で歳は20代前半、何の仕事をしているのかは解りませんでしたが、親が金持ちか借金でもしているのかデリヘルとかの風俗嬢でもしているのかなと思ってはいたのですが何となく、何処かで会ったような気がその子に気になった時はありました。 その子とあった場所を思い出したのは、ある夏に、その子が背中が見える洋服を着て来店してきた時です。 ある日に、友人と飲んだ帰りに空いているラブホテルを見つけデリヘルを呼んだことがあるのですが、サービスやプレイの内容は他の子と同じく生温く気持ち良くさせて貰ったのでしょうが、それよりも背中に描かれていた蝶々がインパクトあり過ぎ、また結構酒が入っていた事も要因で顔とか体系はすっぽり抜けてしまいました。 そんな、瓜二つの蝶々がその子の背中に舞っていました。

[ 2016-12-27 ]

カテゴリ: デリヘル体験談3